動物・植物・水生生物、動物看護・トリマー技術を学べる専門学校|大阪動植物海洋専門学校

情報ブログ

2019年10月02日 UP!
OAO学生ブログ
動物

昆虫部学生ブログ  OAOの秘密の部屋~その名も昆虫室!!~

☆OAO学生ブログ☆

 

 ついにこの時がやってきました・・・

そう!!昆虫室を紹介する時が!!

それでは、紹介していきたいと思います~。

 

昆虫室とはその名の通り、昆虫の飼育もしくは繁殖を目的とした

アクアライフコースの実習室です。

 

さっそく中に入っていきましょう!!

部屋の中に入ると~

昆虫室

プラケースに入った昆虫がお出迎えしてくれます。

 

ラックの段で種類別に分けて昆虫を飼育し、

一番上が外国産カブトムシ、真ん中の段がクワガタムシ、

一番下の段が国産カブトの幼虫という配置にしています。

その為、種類ごとに温度管理がしやすくなります。

 

今、昆虫室では最も力を入れている昆虫がいます…

それは!!

昆虫室2

南紀コクワガタです。

南紀コクワガタは、和歌山県「南紀」大島のコクワガタのことです。

昆虫室3

 

通常のコクワガタとの大きな違い、それは体色です。

南紀コクワガタの特徴は体色が通常種よりも赤みがかっている個体が多く、

別名「南紀の赤コクワガタ」とも呼ばれています。

通常種よりもかなり生息域が限定されているため、目にする機会は少ないと思います。

 

私たちはこのクワガタの繁殖に力を入れ、

最近では↓のようにたくさんの幼虫を取ることに成功しました。

昆虫室4

 

幼虫の管理方法はまず昆虫マットを瓶などの容器に9割ほど入れます。

7割は固く詰め、2割は柔らかく敷きます。

残りの1割は空気の循環のため空けておきます。

乾燥を防ぐためにラップをかけ、空気穴をあければ完成です。

温度変化の少ない場所に置いておくことも重要です。

 

昆虫室での作業~

①生体の餌交換 成虫には昆虫ゼリー、幼虫はフンが溜まっていればマット交換。

②昆虫マットの作成 水分が足りていなければ加水し、まんべんなく混ぜる。

③空調の管理 適切な温度になっているかどうかの確認。

④産卵していた場合 別途容器に移し替える。親が卵や幼虫を食べてしまうため。

以上が日々の世話です。

 

これからも昆虫室はどんどん飼育、繁殖に力を入れていきます。

是非OAOに来た際は昆虫室に寄ってみてください。

 

 

ぜひ一度OAOに遊びに来てください! 

46yUcaVxwzCVcFaZyrvdimLeHYpT2woUZqOAsDlXS9vxyqJBnQrWPMCEz5cKRG

なにか見つかります。

なにか気がつきます。

なにかいいことがありますよ。

********************************************

本校は絶対に面白い専門学校ですよ。

アクティブでクリエイティブ\(◎o◎)/!

進学に迷っているかたは、ぜひ一度本校に遊びに来てください。

きっとOAOに恋してしまうと思います。

 

JR大正駅から徒歩2分です。

次回のオーキャンは、

 2019年10月20日(日)です。

ご予約はコチラ!

皆さんの勇気を応援しております!!\(^^)/

きっと あなたの「なりたい!」をかなえてくれます。

OAO:大阪動植物海洋専門学校

************************************


オフィシャル
facebook
twitter
instagram

お問い合せ・ご相談

06-6555-0150 電話受付時間 9:00~16:30

資料請求お申込み

パンフレット・募集要項・願書などが入った
本校の魅力が詰まった資料を
無料でお届けします。

資料請求お申込みフォーム

氏名(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)