動物・植物・水生生物、動物看護・トリマー技術を学べる専門学校|大阪動植物海洋専門学校

情報ブログ

2016年03月28日 12時30分 
OAO植物ブログ

毒性のある植物を食べれば、ヤギも命を落とします。その2

e161b995f7b2125b6a2be6be79c5c8f9

Hydrangea macrophylla(ハイドランジア・マクロフィラ)あじさいのことです。

矢田寺のような、あじさいで有名なお寺はたくさんありますが、

アジサイはそもそも『藍色が集まったもの』あづさい(集真藍)が語源といわれていますが、

万葉集の頃は花弁が4枚というところから『よひら』とも呼ばれ、

忌み嫌われる植物でもあったようです。

オランダで育種され品種改良されたアジサイは学名のハイドランジアと呼ばれています。

アジサイといえば、日陰のじめっとしたところで栽培されているイメージですが、

現在のアジサイは海岸沿いに自生していた原種が改良されたので、

いまや、日当たりのよい場所で育てる植物に変わってきました。

日当たりのよい場所に植え付けて、水やりをしっかりしておくだけで、

元気にすくすく育っていきます。

とにもかくにも最強といわれるくらい強い植物なんです。

 

 

しかし、

 

アジサイも猛毒植物のひとつなんです。

 

 

昨年、あるお料理屋さんで、お刺身の下にアジサイの葉が敷かれていたことがありました。

ランチ先であった風景でしたが、老婆心ながら、

お料理を作っていらっしゃるかたにお伝えしてきました。

『あじさいの葉は大葉(オオバ)の代わりにはならないです。

  食中毒が起こってしまうと、たいへんなことになりますから、

   鑑賞用の使い方なら問題はありませんが、

    お料理のお皿に使用されるのはよくないことと思います。』

そういうことをご存じなかっただけで、

すぐにご理解いただき、今後は使わないようにしますとのことでした。

4d7d22c75983abaacdcc7936e8d62306

アジサイは落葉性低木なので、いまはまだ枯れた枝の状態のままです。

春に葉を展開しはじめて、梅雨の頃に開花しはじますので、

アジサイが植わっている場所を確認しておきましょう。

 

以下、ウィキペディアから引用しました。

毒性

アジサイ属(広義アジサイ)の一部の種では、ウシヤギなどが摂食したことによる中毒事例が報告されている。症状は過呼吸、興奮、ふらつき歩行、痙攣麻痺などを経て死亡する場合もある[要出典]。1920年にアメリカでアジサイの1種アメリカノリノキ Hydrangea arborescens によるウシとウマでの中毒について、下痢・体温上昇・呼吸数と心拍数の増加・骨格筋の強い収縮・足を突っ張って飛び上がるなどの症状が見られたが、対症療法により回復したと報告されている[33][34]。日本では2008年6月に、料理の飾りに使われたアジサイの葉を摂食した客が中毒する事故が発生し、嘔吐・めまい・顔面紅潮の症状を示した[34][35][36]

アジサイ属の毒性物質は明らかにされていない[35]。1920年のアメリカでの報告[33]から、根から抽出されたヒドランギンという青酸配糖体(グリコシド)が中毒の原因であると考えられていたが[35][37]、1963年にこれは誤りであると報告されている[34]。すなわち、ヒドランギンとされた化合物は実際には窒素(青酸)を含まないウンベリフェロン (7-ヒドロキシクマリン)であった[38]。また2008年の日本の中毒例でも、つくばでは青酸配糖体は検出されておらず[34]、大阪では葉1グラムあたり29マイクログラムと微量であった[39]。これを受けて厚生労働省は2008年8月18日付けで「アジサイの喫食による青酸食中毒について(2008年7月1日)」の文書を廃止した[40]

2009年に京都薬科大学の吉川らは中国産のアジサイから青酸配糖体としてヒドラシアノシド類を単離したと報告したが[41]、京都産のものには含まれないなど青酸配糖体の量や種類には品種による差があると述べている[35]。一方アジサイ科ジョウザン属のジョウザンに含まれるアルカロイドの一種、フェブリフギンがアジサイにも見られることが報告されているが[42]、この化合物が中毒の原因であるかは明らかではない[35]

薬効

毒性を持つ一方で、漢方薬として使用されるアジサイの品種から、フェブリフジンが単離。嘔吐の副作用を克服する誘導体としてハロフジノンマラリア治療薬として認可される。また近年、自己免疫疾患など他の治療薬としても効く可能性が示唆され、生体内の標的タンパク質も判明するなど、新たな研究が進んでいる[43]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4%E5%B1%9E#.E6.AF.92.E6.80.A7(ウィキペディア アジサイ属より引用)

06a4121402aa48adf236ef22271ce362

高校生のみなさん、社会人のみなさん、

ぜひオープンキャンパスに遊びに来てくださいね。

3月30日(水)です。

皆さんの勇気を応援しております!!\(^^)/

交通費補助制度もご利用ください。

本校は絶対に面白い学校ですよ!

 

 

 


オフィシャル
facebook
twitter
instagram

お問い合せ・ご相談

06-6555-0150 電話受付時間 9:00~16:30

資料請求お申込み

本校の魅力が詰まったパンフレットを
無料でお届けします。

資料請求お申込みフォーム

氏名(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)