動物・植物・水生生物、動物看護・トリマー技術を学べる専門学校|大阪動植物海洋専門学校

情報ブログ

2016年03月07日 17時56分 
OAO植物ブログ

動物を学ぶ前に、命の源である植物についても学びましょう。



下画像と本文は関係しておりません。
2016030712430000.jpg

植物は 人間を含め、動物など存在していなくても困ることはありません。

植物だけで、地球上で暮らしていくことができるのです。


しかし人間をはじめ、

 動物は植物がいなければ生きていけないものです

このような当然なことがなかなか世間では理解されておりません。


なぜ必須パートナーである植物の位置づけを低く認識するようになった訳は、

アリストテレスの時代までさかのぼるといわれております。

アリストテレスの時代に、まず石があって、その上に植物がいて、その上に微生物がいて、

その上に動物がいて、最後に人間がいるといった、歪んだ生命観が広がり、現代もなお、

そのような間違った生命観を中心に持つかたが多いのも事実です。

いまも、「水やり」という表現が正しい日本語であり、

「その鉢物に水をあげてください」ってテレビなどで流れると、

植物は我々人間より低い生命体だから、「あげる」ではなく、「やる」という表現でないと

耳にさわって聞いていられないという苦情も聞いたことがあります。

なにか変なイメージに囚われていて、

間違った生命観を抱いたまま、動物を学んでいくと

    いつか矛盾が生じ、壁に突き当たってしまうかもしれません。

そこで、

本校では「超」体験型の環境で学ぶ
       実践型授業を提供しておりまので、



植物生理学という学問も提供しております。
31sYUuZck-L__SX351_BO1,204,203,200_.jpg

犬も猫もエキゾチックも大動物(産業動物)も海洋動物も魚などもすべて食物連鎖のなかで、
植物の成り立ちを学んでいただけたら、もっと命を学べると思いますよ。

他校にはない教育理念が存在しております。


大阪動植物海洋専門学校は
本当に楽しい専門学校ですよ。
高校生のみなさん、社会人のみなさん、
ぜひオープンキャンパスに遊びに来てくださいね。
19日(土)、24日(木)、30日(水)です。







オフィシャル
facebook
twitter
instagram

お問い合せ・ご相談

06-6555-0150 電話受付時間 9:00~16:30

資料請求お申込み

本校の魅力が詰まったパンフレットを
無料でお届けします。

資料請求お申込みフォーム

氏名(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)