募集要項

情報ブログ

2020年07月22日 14時00分 UP!
OAO広報からのお知らせ

感染経路を遮断するためにも『ソーシャル・ディスタンス』を守り抜きたいものです。~大阪動植物海洋専門学校~

ソーシャル・ディスタンスとは日本語では『社会的距離』を意味します。

新型コロナウイルスの症状が出ていなくても、

ウイルスを保有している方、いわゆる『無症候性(むしょうこうせい)』の方がたくさんいると考えられています。

(無症候性:痛みや違和感などの自覚症状を伴わない病態。)

無症候性の場合、自分が新型コロナウイルスに罹患していると思わず、他人に濃厚接触をしてしまうということもあり、

気が付いたら自分自身がクラスターとなってしまっていたということが最近多発しています。

相手への感染を防ぐためにも人的接触距離の確保(身体的距離の確保)として、

『ソーシャル・ディスタンス』という考え方が提唱されました。

新型コロナウイルスの感染経路の一つである飛沫感染は、

咳、くしゃみ、会話などで、唾液の飛沫(5μm以上)によるしぶきによって他者へ感染をさせてしまいます。

このくしゃみや咳によるしぶきが到達する距離が、くしゃみで3m、咳で2mといわれています。

この距離も加味して厚生労働省では、保つべき距離として相手との距離を2m程(最低でも1m)取ることを推奨しています。

日常の中で3密、ソーシャルディスタンスを守り抜くということは非常に難しいかもしれません。

飛沫感染が一番リスクが高いのです。

空気中に漂うウイルスを吸い込む空気感染も無視できないと思います。

そのためにマスク着用が必須といえます。

次のオープンキャンパスは7月25日(土)。

オーキャンの予約はこちら!(←クリックしたらジャンプします)

みなさんの勇気を応援しております。

きっと、あなたの『なりたい!』をかなえてくれます。


オフィシャル
facebook
twitter
instagram

お問い合せ・ご相談

06-6555-0150 電話受付時間 9:00~16:30

資料請求お申込み

本校の魅力が詰まったパンフレットを
無料でお届けします。

資料請求お申込みフォーム

氏名(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)