動物や水生生物、トリマー技術を学べる専門学校|大阪動植物海洋専門学校

情報ブログ

2019年10月09日 UP!
OAO学生ブログ

レプタイルーム学生ブログ ~クレステッドゲッコー~

レプタイルーム学生ブログ☆

こんにちはヤモリ班です!

今回は9月30日に新しく入ったクレステッドゲッコーの紹介です。

timeline_20191004_161434

 

今はまだ全長10cm程の小さい子達ですが、全長20cm程になる樹上性のヤモリです🦎

 

ニューカレドニアの固有種で、『クレス』の愛称で親しまれています^^

目の上から尾の付け根にかけて2本のクレスト(突起状の鱗)が通っており、

それがまつ毛のように見えることが1番の特徴です!

timeline_20191004_161435_0

このクレストを王冠に見立てたことから“オウカンミカドヤモリ”とも呼ばれています🤴

 

また、クレステッドゲッコーは指の※趾下薄板(しかはくばん-写真4枚目-) を使い、

壁を登ることができるのはよく知られているのですが、実は尾先にも趾下薄板があり、

四肢だけではなく尾も一緒に使う事で、より安定して体を支えることができます!

timeline_20191004_161435

しかし、1度自切(尾を切り離すこと)をしてしまうと、尾を元の長さに再生することが出来ず、

趾下薄板も無くなってしまうので注意が必要です。

 

timeline_20191006_212749

※趾下薄板とは、

指の腹にあるナノメートルサイズの毛の集合体がマイクロメートルサイズの剛毛を作り出し、

それらが集まっている器官のこと。

これにより、壁との間にファンデルワールス力を引き起こし、

化学結合によって壁に張りつくことが出来ています。

 

また樹上性なので、飼育する場合は高さのあるケージが必要になります。

高さが足りず、尾を伸ばしきれない環境や登る場所が少ない環境だと、

頭を下にした状態で長時間いることが多くなり、

尾の付け根が変形して「尾曲り」や「腰曲り」になってしまうんです。

 

このような症状をフロッピーテールと呼びます。

酷くなると治らないようなのでこちらも注意が必要ですね。

 

餌は食性が雑食なので、昆虫はもちろん、フルーツや昆虫ゼリーなども食べることができます

学校ではコオロギをメインに時々、クレス用の人工飼料を与える予定です!

様々な餌を与えることが出来るのもクレス飼育の醍醐味ですね。

 

恐らくペアだということで将来的には繁殖をしたいと思っています!

これからの成長がとても楽しみですね。

 

文責:満倉 賢二

 

ぜひ一度OAOに遊びに来てください! 

46yUcaVxwzCVcFaZyrvdimLeHYpT2woUZqOAsDlXS9vxyqJBnQrWPMCEz5cKRG

なにか見つかります。

なにか気がつきます。

なにかいいことがありますよ。

********************************************

本校は絶対に面白い専門学校ですよ。

アクティブでクリエイティブ\(◎o◎)/!

進学に迷っているかたは、ぜひ一度本校に遊びに来てください。

きっとOAOに恋してしまうと思います。

 

JR大正駅から徒歩2分です。

次回のオーキャンは、

 2019年10月20日(日)です。

ご予約はコチラ!

皆さんの勇気を応援しております!!\(^^)/

きっと あなたの「なりたい!」をかなえてくれます。

OAO:大阪動植物海洋専門学校

************************************


オフィシャル
facebook
twitter
instagram

お問い合せ・ご相談

06-6555-0150 電話受付時間 9:00~16:30

資料請求お申込み

パンフレット・募集要項・願書などが入った
本校の魅力が詰まった資料を
無料でお届けします。

資料請求お申込みフォーム

氏名(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)