動物や水生生物、トリマー技術を学べる専門学校|大阪動植物海洋専門学校

情報ブログ

2019年07月08日 UP!
OAO植物ブログ
植物

メタセコイア 複葉それとも単葉? ~大阪動植物海洋専門学校~

メタセコイアという植物の名前を耳にしたことはありませんか?

最近では、滋賀県高島市マキノ町のメタセコイア並木、

少し前だと、「冬のソナタ」のロケ地のメタセコイア並木が有名です。

そんなに遠くに行かなくても、

公園や学校の樹木として植えられているので、身近なところにもあります。

 

植物形態学、植物進化学、植物分類学、植物緑地学の授業で、

メタセコイアの化石と現生を観察しました。

 1941年に化石が発見され、

1945年に中国で生きている個体が中国で発見されたため、

「生きている化石メタセコイア」と言われます。

大阪では、約100万年前に絶滅しています。

メタセコイアはヒノキ科メタセコイア属の植物です。

 å†™çœŸ1-メタセコイア

写真1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真2:約2000万年前のメタセコイアの化石。岐阜県可児市産。

 

写真3-メタセコイア

写真3:公園で見かけるメタセコイア

 

葉には単葉と複葉があります。

単葉は、その名の通り「単数の葉」、つまり1枚の葉です。

複葉は、その名の通り、「複数の葉」、つまり1枚の葉の単位が複数の小さい葉(小葉)に分かれています。

葉は最終的には1枚の単位で落葉します。

複葉は元々1枚の葉なので、複葉の小葉は同じ向きを向いています。

小葉が十字対生や螺旋配列していることはありません。

十字対生とは、対生が上下で90度ずれて、先端から見ると十字に見える対生です。

 

下の写真は、メタセコイアの「葉」です。秋には、このような鳥の羽のような「葉」が木の下に落葉しています。

小さな葉は、「平面的に対生している」ように見えます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真4:メタセコイアーこれは複葉か? 枝に小さな単葉が付いているのか?

 

「葉は1枚の単位で落葉する。小さな葉は平面的な対生」とすれば、メタセコイアは複葉になります。

しかし、もう一度、メタセコイアの「葉」を観察してみましょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真5:「葉」の拡大。これは十字対生がねじれて、葉の面が平面的に見えている。

葉の根元をよく見ると、対生ですが、上下で対生の面がずれています。

1つ飛ばしで、同じ位置に葉が付いています。

これは、葉の面がねじれており、葉の面だけを見ると、平面的な対生に見えてしまいますが、

「葉は十字対生して、葉の面が平面的になるようにねじれている」と言えます。

メタセコイアの小さな葉は十字対生している。

したがって、メタセコイアは複葉ではなく、

「小さな細長い単葉が枝に十字対生している」ことになります。

 

細長い葉が十字対生しているとしても、

「鳥の羽のように複葉的な姿で落葉」することを、説明できません。

これにはヒノキ科植物の特性があります。

ヒノキ科植物は、「枝ごと葉を落とす」と言う、落枝性という性質があります。

ヒノキやスギも枝ごと葉を落とします。

したがって、鳥の羽のような複葉的な姿の部分は、

「細い枝に細長い小さな単葉が十字対生して付いて落枝している」ことになります。

ちょっと言い訳のような説明に聞こえるかもしれませんが、植物の落葉の仕方も多様なのです。

 

では、なぜねじれるのか? 

それは日光を葉に当てるため。

そうすれば、葉が出たばかりでは、まだねじれおらず十字対生しているはずです。

その写真を撮影できました。

 

ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“1 

写真6:伸びつつあるメタセコイアの枝。基部の葉は、すでにねじれて葉の面は平面的。先端部は、まだねじれておらず、立体的な十字対生。

 

 ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“1

写真7:伸びつつあるメタセコイアの枝の先端。x状に葉が並び、十字対生であることがわかる。

 

みなさんも身の周りのメタセコイアを観察してみてください。

 (文責:塚腰 実)

 

*富山です。塚腰先生からコメントを書いてほしいとのことだったので、

少し書き残しておきます。

葉の付け根がどうなっているのか?というところに興味があります。

そもそも葉は腋芽を守るためについています。

被子植物では、昔は生長点と呼ばれていた組織、

いわゆる頂端分裂組織を守るように

葉原基として付着しています。

その後、葉が展開し、腋芽は潜芽として

じっとしていますが、頂芽優勢が崩れると、側芽優勢となり、

芽が動き出します。

バイオテクノロジーでは、

その芽を実体顕微鏡下で摘出してクローン増殖しています。

メタセコイアの葉の付け根を無菌的に摘出して、クローン化可能なのか?

という点に興味を持ちました。

形態学的な葉のつき方から、生理学的な葉のつき方に興味がひろがったというのが

素直な感想です。

****************************************

高校生のみなさん、社会人のみなさん、

ぜひ一度OAOに遊びに来てください!

46yUcaVxwzCVcFaZyrvdimLeHYpT2woUZqOAsDlXS9vxyqJBnQrWPMCEz5cKRG

なにか見つかります。

なにか気がつきます。

なにかいいことがありますよ。

********************************************

本校は絶対に面白い専門学校ですよ。

アクティブでクリエイティブ\(◎o◎)/!

進学に迷っているかたは、ぜひ一度本校に遊びに来てください。

きっとOAOに恋してしまうと思います。

 

JR大正駅から徒歩2分です。

次回のオーキャンは、

 2019年7月20日(土)です。

ご予約はコチラ!

皆さんの勇気を応援しております!!\(^^)/

きっと あなたの「なりたい!」をかなえてくれます。

OAO:大阪動植物海洋専門学校

****************

 


オフィシャル
facebook
twitter
instagram

お問い合せ・ご相談

06-6555-0150 電話受付時間 9:00~16:30

資料請求お申込み

パンフレット・募集要項・願書などが入った
本校の魅力が詰まった資料を
無料でお届けします。

資料請求お申込みフォーム

氏名(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)