動物や水生生物、トリマー技術を学べる専門学校|大阪動植物海洋専門学校

情報ブログ

2019年02月04日 UP!
OAO動物ブログ
動物

『新種の日焼け止め』に利用できるかもしれないというニュース。~大阪動植物海洋専門学校~

シオカラトンボから特殊なワックスを分泌していることが報告されました。

このようなニュースを見つけると、うれしくなってきます。

もっとさまざまな生命体の機能を調べたいものです。

人間の能力より、優れた機能を持った生命はたくさん存在しているはず。

まずは観察ですね。

 

下の画像はシオカラトンボではないのですが、

先日 学校でヤゴが羽化し、立派な成虫になったトンボの姿(*^^*)

トンボ羽化_190122_0003

アイキャッチ画像も学校のヤゴの抜け殻画像です。ニュースとは関係ありません。

では、画期的なことに繋がるかもしれないというニュースをどうぞ!

********************************************

シオカラトンボ分泌の特殊ワックス 新種日焼け止めに?

2/4(月) 10:56配信 朝日新聞デジタル

 日本全国に広く生息するシオカラトンボは紫外線を反射し、撥水(はっすい)性のある特殊なワックスを分泌していることを、産業技術総合研究所などの研究チームが明らかにした。詳しい性質を調べており、生物由来の新しい日焼け止めの開発につながる可能性があるという。

【写真】紫外線を反射するワックスの拡大写真(産業技術総合研究所の二橋亮主任研究員提供)

 シオカラトンボの成熟したオスは日差しの強い水辺で見られ、背中付近で紫外線をよく反射する。研究チームは背中から多く分泌されている成分を調べた。すると、油に近いワックスのような物質が見つかった。顕微鏡でワックスの表面を観察すると、板状の微粒子が重なり、光を散乱させていた。ほかの生きものではあまり見られない特殊な成分だという。

 現在の日焼け止めにはチタンや亜鉛が含まれる商品もあり、人によっては金属アレルギーを起こすこともある。研究チームの二橋亮主任研究員は「今回見つかった成分は安全性などを確かめる必要があるが、従来とは違う生物由来の日焼け止めにつながる可能性がある」と話した。

 研究成果は、英学術誌「eLife」(https://doi.org/10.7554/eLife.43045)に掲載された。(杉本崇)

朝日新聞社

***********************************************

****************************************

ぜひ一度OAOに遊びに来てください!

46yUcaVxwzCVcFaZyrvdimLeHYpT2woUZqOAsDlXS9vxyqJBnQrWPMCEz5cKRG

なにか見つかります。

なにか気がつきます。

なにかいいことがありますよ。

********************************************

本校は絶対に面白い専門学校ですよ。

アクティブでクリエイティブ\(◎o◎)/!

進学に迷っているかたは、ぜひ一度本校に遊びに来てください。

きっとOAOに恋してしまうと思います。

 

JR大正駅から徒歩2分です。

次回のオーキャンは、

 2019年2月17日(日)です。

ご予約はコチラ!

皆さんの勇気を応援しております!!\(^^)/

きっと あなたの「なりたい!」をかなえてくれます。

OAO:大阪動植物海洋専門学校

***********


オフィシャル
facebook
twitter
instagram

お問い合せ・ご相談

06-6555-0150 電話受付時間 9:00~16:30

資料請求お申込み

パンフレット・募集要項・願書などが入った
本校の魅力が詰まった資料を
無料でお届けします。

資料請求お申込みフォーム

氏名(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)